2018年の手帳をつくるWS@IID

今日は、IID世田谷ものづくり学校で「2018年の手帳を作ろう!」という
単発のワークショップをしました☆彡

私が受け持っているレッスンは、まるみず組の2年コースと、ヴォーグ学園の
半年1クールのもので、いずれもある程度の期間を通うことが前提の連続講座。
「手製本に興味はあるけど、続けられるかどうかはやってみないとわからない」
「いきなり連続講座はハードルが高いなぁ」という方もいらっしゃるよね…とは
思います。
私自身、最初に習った時は単発(2日連続でしたが)でしたし。
それに、レッスンって、その都度2時間とか3時間とか、場合によっては丸一日、
しかも連続講座ならそれが何回も続くのだから、先生との相性も気になります。
だから、単発レッスンで「ちょこっと体験」はとても良い方法だと思います!

ヴォーグ学園でも新クール前の体験企画として1day Lessonがあるのですが、
それ以外にもやってみたいなと思って企画したのが今回のワークショップ。
場所を探していて、タイミングや立地が希望に合ったので、IIDで実施しました。

今回は、インフルに撃墜された方もいて、当初予定より人数は減りましたが、
皆さん和気あいあい(とは言っても多分必死!という場面も多かったかも?)
楽しそうに参加して下さいました(^-^)
全員が手製本初心者。でも、無事に製本できましたよ☆彡


今回は、お好きな布お持ち込みだったので、まずは簡易的に裏打ち。
ちょっとコツが必要です。
「難しいだろうけど、本当はこれが一番使いたい…」とモジモジしながら
がっつりストライプ柄(しかも薄地)の生地を持参。一応他の候補も持って
来てはくれたけど、ストライプ、やりたいんだもんね。じゃあ頑張ろう☆彡
…と、裏打ち前に生地のゆがみを直して、位置決めしています。


一折り中綴じの綴じ穴位置を決めているところ。
「10ミリ…って、1センチ?ですよね」
そうですよね(笑)製本ではミリ単位で表記しますが、普段の生活では
センチ単位の方が馴染みがありますものね。


はじめての糸綴じ。
「穴が小さかったかも…無理して通したらブスッ!ってなっちゃった」
ありゃ。じゃあちょっと穴を大きくしてもう一度。
最終的には、皆さん順調に中綴じ出来ました!S字留めも難なくクリア。


小口側の化粧裁ち。これは難しいですよね。
でもこれも皆さんクリア。今回は作業が丁寧で慎重な方ばかりでした。
「わーっ手を切っちゃった!」とか、はじめての手製本体験の思い出が
血に染まることなくて良かったです(^-^;)


スケジュール帳なので、しおり紐もつけることに。
寸法を短くしすぎてはいけません。うん、これくらいあればOKそう!
表紙とのカラーコーディネートも楽しい時間。
デニムっぽい表紙にピンクのしおり紐。キュート


糊の塗り方。案外コツがたくさんあります!
クロスに貼り込む時は3枚のパーツがガタガタにならないように揃えて。

数々の試練を乗り越えて……出来上がったのはこちらです☆彡

まだ見返しつけたて、出来立てホヤホヤなので、色々ついてますが(笑)
左から…
左端:しずく模様。上下がある柄行きなので、本文との合体は慎重に確認!
今回は、本文が白い無地ではなくてスケジュール帳だし、しおり紐もついて
いますから、確認は大事大事。
シンプルだけど、可愛い。大人女子…っていう感じかな??

左中:総柄小花模様は、はじめてさんにはおススメの柄。
全部で3種類の候補布を
持参して下さっていて、相談して決定。
オーソドックスな柄は飽きないので、
一年間使う手帳にぴったりですね!
右中:娘さん(今幼稚園)が以前着ていたワンピースのリメイク。
ワンピースのまま持参してくれたので、切っちゃっていいの??と聞いたら、
気に入っているけど本人はもう着られないし、着古していてお友達にあげる
ということもないから…とのこと。それなら思い切って…と、チョキン☆彡
子供服の時は可愛らしかったけど、こうして見ると案外大人っぽい柄でした。
右端:ストライプ。以前、お母さまにプレゼントされたハンカチだそう。
もう十分使ったし…ということで生まれ変わりました。
ストライプはゆがみが目立ちやすくて難しい柄だけど、丁寧な作業で◎。
手描き風ストライプがモダンです。素敵に出来ました。
時間切れにつき、タイトルは後で貼り込みましょう~ということでお持ち帰り。

ご参加頂いた皆さま、お疲れさまでした!&ありがとうございました
持ち帰った作品は、しばらく重しをして糊が完全に乾いたら完成。
早く開きたいのは山々でしょうけれど、暫くそっとしておいてあげて下さい。
はじめての手製本はいかがでしたでしょうか。
ミゾを固定して本の形になりはじめた時、「あー、本になってきた♪」と
皆さんとっても嬉しそうでした!
はじめての手製本体験が「楽しかった」という印象だと良いなと思います。

単発ワークショップは、今後また随時開催予定です。
次回は未定ですが、またこちらのHPやtwitterでお知らせします。
皆さまのご参加、お待ちしております(^-^)

 

 

ヴォーグ学園、11月はザ・和本!

先月は、スタートから台風に見舞われたりしてアクシデントもありましたが、
ヴォーグ学園今期は和本シリーズ、快調です
今回からはいよいよ和紙の表紙を使って、和綴じ3種シリーズ。
毎度のことながら、表紙には好みのものを選んで頂けるように、何種類かの
柄物和紙をご用意。角ぎれや糸、見返し用紙などもそれぞれ選ぶので、
うーん、どれを選ぼうか…と楽しく悩ましく。
(でも今回は案外皆さん「私これっ!」という感じでインスピレーションで
パパっと決めていらしたかも)

さて、出来上がったのはこちら。まずは東京校。ずらーり(^^♪

して横浜校も。

写真
だとわかりにくいのですが、皆さんそれぞれ糸の色も違います。
もちろん角ぎれも。だから一冊一冊、作った人の美意識が表れまする。
ちょっと洋風な雰囲気の仕上がりになった方は、敢えて題箋はつけずに、

おうちでタイトル貼ろうかな~ということで、今回はつけなかった方も。
アリですよね!
自分で作るからこそ、自由自在にアレンジできるのもお楽しみ。
素敵に完成したら、是非お教室に持って来て見せびらかしてね!

東京校では、先月作ったシンプルな判取帳に、それぞれ表紙をつけて
アレンジしたものを持参してくれた方も(^^♪

可愛い~☆彡
そう、こんな風に「ちょっとアレンジ」でも可愛くなっちゃう。
自分で工夫すると、一層愛着もわきますよね。
和本シリーズはシンプルな作りなので、アレンジも楽しんで頂けると
嬉しいデス(^-^)

作りがシンプルだから…こそ、きちんと測る・きちんと折る・きちんと切る
といった本当に「なんでもないこと」に細心の注意を払うと、出来上がりが
とっても変わります!
和綴じシリーズはこの後2回、計3回で三つ子のようなシリーズが続くので、
今回の四ツ目綴じで感じたこと(ここもっと丁寧にやると良さそう、とか)
次回以降に活かして下さいね!どんどん完成度がアップする…ハズ!!

横浜校には、実は、前期の夫婦箱がまだ完成していない方も。
クリスマスの本なので、次回は完成させよう~!…ということで、頑張って
次回早出です!!あともう一息!というところまでは順調に出来ているので、
来月皆さまにもお披露目できそうです。素敵なので、お楽しみに~。

次回12月は、年末に差し掛かるため、普段とは日程が少し違います。
日にちをお間違えのないよう、皆さま、お気を付けあそばせ。

まるみず組 月イチ集中クラス 11月

先週末は、まるみず組デー×2日間でした。
土曜は月イチ集中クラスの日。
先月本文を作ったところまで…だった角背上製本、完成です。
来月には夫婦箱も出来上がる予定(^^♪

このクラスの様子はいつも「まるみず日記」の中で詳細載せていますので、
是非覗いてみて下さいね!
→こちら

シルクスクリーン+製本レッスンvol.8

8回目を迎えたシルクスクリーン+製本の欲張りレッスン。
今回は参加人数も欲張りな6名様!
「自分の好きな図案でつくる」ので、毎回当日に皆さんがどんな図案を
持参するのか…は、お楽しみ(^^♪
今回もバラエティに富んだ素敵な図案が集まりました!
最終的に出来上がったのは…じゃーん!こんな感じ☆彡

ちょっとだけ作業の様子を…
まずは、持って来た図案をチェックして、OKだったらスクリーンに転写。

かきかき。
そして、製版していきます。

ぬりぬり。
毎度恒例の「天を仰ぐタイム」もちゃんとアリ〼

そして…

図案が抜けて来ました!ときめきの瞬間です☆彡
そして、いよいよ刷りますよ~!キンチョーするっ!!


ズサーーーーーッ!

…で、午前中に刷り上げるところまで。
ふぅーーーやっとランチタイムです。

午後は製本。

「製本はじめてさん」もいましたが、なんのなんの、上手に出来た
まるみず組員たちが「
製本の先輩」として面倒見てくれてました。
ありがとうございます(^-^)

では、皆さんのオリジナル作品をお1人分ずつご紹介します(^-^)

クラフト作家さん。オリジナルブランドのマークとロゴだそうです。
さすがこなれていらっしゃる!描画がきれいですね!
ハードカバーのノートは、なんとゴールドカラーのクロスをチョイス☆彡
図案も、背に中心を配置して個性的。
なんとシルクスクリーンレッスンをやった後、夜も別レッスンしてました。
パワフル!!


可愛い!!この個性的なゆるキャラ(?)は、息子さんのお店のキャラクター。
今日は自分のマークやキャラを持っている方が複数いらっしゃいました。
刷り上がった作品を息子さんに写メで送った…と仰るので、何て言ってた?
と聞いてみたら「目が鋭すぎるってダメ出しされた~」ですって。
身内って手厳しいのよね(^-^;)
でもきっと、本心では「おかあさん、サンキュー」と思ってるハズ!


冬だけどハワイア~ン。ウクレレの音楽が聞こえてきそうな爽やか図案。
図案の配置や白黒バランス等、絶妙です。
何パターンも図案を考えて来てくれた甲斐がありました!
少し力加減が優しくて、トートバッグは若干かすれ気味になったのですが、
それがむしろナチュラルな感じになって、結果オーライ
こういうのが手作業の良さですよね!


ザ・とり!
「干支??…って、来年はいぬだよね…」「そっか!とりは今年だった!」
というやり取りもありましたが(笑)
思わずそういう話題になってしまうような、和の雰囲気漂う迫力ある図案。
これも白黒バランスが素晴らしいですね~。良い塩梅!
刷りも上手で綺麗に出来上がりました。


パズル作家さんの作品!これは本当に可愛いです。
「私は絵が描けない…」と言われたのですが、「あなたにはパズルがある!」
というわけでパズル柄。こんな素敵な図案、他の人には作れない~。
特技がある人は、それを存分に活かせて羨ましいです。
さり気なく(堂々と?)「まるみず組」と「自分の名前」をアピール(笑)


これ、フリーハンドですよ??驚きの緻密さ。
元々はすごくちいさな図案を持参してくれていて、少し拡大したら?と
提案したら、コピー機使わずにフリーハンドで正確に拡大したので驚愕!!
「描きなれた絵なの?」と聞いたら、どうやらそうみたいでしたが、
それにしても、スゴイです。
そして、ベタ面の多い図案は、製版も刷りもとっても難しいのに、あっさり
クリア!手製本もはじめてさんだったのに、それもあっさりクリア!
きっと手製本もハマると思うから、是非またいらしてね

今回もとっても濃密な一日でした!
最後は若干ぐったり感もありましたが、見事に全員素敵な作品が出来ました。

次回のシルクスクリーン+製本レッスンは開催日未定です。
日程のご要望ありましたら、まるみず組までご連絡下さいませ(^-^)

 

 

 

普段着の花布を編む

最近は、教える側になることばかりでしたが、久しぶりに生徒になりました。
まるみず組のテクニカルレッスン。(カリキュラムコースとは別の、不定期な
単発レッスンが随時企画されているんです)
シンプルな花ギレ編みを教えて頂きました。
「初心者OK」のレッスンだったし、「あれ?やったことなかったっけ?」と
先生にも言われましたが、そうなんです、これはやったことありませんでした。
いわば「よそいき・おめかし」のパッセカルトンじゃなくて、「普段着」の
製本に使えるので、本格的な手編みの花ギレながら、活用頻度が高いタイプ。
こういうもののバリエーション、欲しいですよね。

テキストを貰って、先生にレクチャーを受けて……
ふむふむ、なんとか出来そうです!やってみます!…と、糸を選んでスタート。
糸選びはたくさん色があるのでいつも迷うのですが、今回はハロウィンの

直前だったので、ハロウィンイメージにしてみました。(紫とオレンジ)
先生がそばにいてくれるのは安心感があります。
ちょっと進んだら見て頂いたり、これで良いのかな?と思うところを確認して
頂けるので。生徒、たのしい(^^♪

作業はこんな感じで進みます。

ヴォーグ学園の生徒さんが、まるみず組のサイトでこのレッスンの告知を
見つけて、「興味を持ったけど、1cm進むのに1時間って書いてあった」と
ビビッてましたが(笑)手製本の工程には時間のかかるものが沢山あるので、
1時間で形が見えてくるようなものなら、寧ろ早いくらい…かもです(笑)
私は初心者よりは少し慣れているので、そこまで時間かかりませんでしたが、
それでもレッスン中に本の形にまで仕上げることはできなかったので、
完成は自宅で…ということにしました。

そしてこんな感じに完成。

花ギレ部分

せっかくなので、花ギレに合わせて表紙もハロウィン仕様に。
タイトルは敢えて手描きの雰囲気を強調してみました。
手製本で季節感を味わうのも楽しい☆彡

このレッスン、確かもう一回あったはず…と思って見たら、明日(11/9)だ!
平日だし超直前ですけど、満席とは書いていないので、まだ受付中かな?
もし興味持たれた方いらしたら、是非どうぞ→詳しくはこちら

 

ヴォーグ学園、10月期スタート!

はじまりました、ヴォーグ学園の新学期。
ところが、横浜校は先週の台風でスタート日順延の波乱が。
6回のスケジュールを確認して申し込む方もいらっしゃるので、
翌週になってしまうとやむを得ず初回お休みという方もいるかも…
と心配していたのですが、やはり都合が合わなくなってしまう方も(>_<)
残念だけど、台風じゃ仕方ない……
今日来られなかった方には、できる限りのフォローを致します!

さて。
10月期は、洋本と並んで覚えておきたいテクニック満載の和本です。
初回ははじめてさんもいらっしゃるので、紙の知識や本の名称などを確認。
継続さんたちにとっては、2回目3回目なので、もう先に作業に入ってて~
…と言ったのですが、何故か「はじめて聞くことのように」新鮮な雰囲気で
講義に参加(笑)←東京も横浜も。
ま、復習は大事ですもんね☆彡
…ということで、初回は手慣らしという感じで、簡単なモノを作りました。
でも2種類。判取帳と大福帳(アレンジバージョン)です。

まずは先週の東京校の作品たち。(大福帳のみ写真アリ)

大福帳です。
本来は和紙で作る素朴なものなのですが、せっかくなので現代風にアレンジ。
表紙には好きなクロスを選んで頂きました。
「こんな可愛らしい柄、大人なのに~♪」と言いながら、仲間に「可愛いよ」
と言われて喜ぶ。(右端のハッチくん柄)
本文紙は数種類から選んで頂きました。開くとこんな感じ。

表紙と本文の色合わせもセンスの見せどころ!
表紙と同じ系統にしたり、敢えて反対色にしてみたり…ね

横浜校。

日程変更により、都合がつかなくなってしまった方がいらしたので、お2人。
うち1人は今回からのはじめてさん。3月の1day Lessonに参加して下さった方。
糊を使った手製本ははじめて!だったと思いますが、スムーズに出来ました♪
縫製関係のお仕事をされている方なので、作業がとっても丁寧でキレイ。
今期は和本で糸綴じがデザインのように表に見えるものが多いので、針と糸の
扱いに慣れているのは馴染みやすいかもしれませんね!
中身はこちら。

東京のハッチくんは地の色に合わせてブルー系の本文でしたが、
横浜のハッチくんは、ハッチの黄色。どちらも可愛いですね。
横浜のハッチくんも「普段どうしても大人っぽい色を選んでしまうから、
今日は思い切って可愛いのを…」と照れながらハッチくん選択。
何故かハッチくんは大人が使うにはちょっと照れくさいようです(笑)

そして!
横浜校にはもう1人、他の2人とは別メニューに励む3期目のベテランさんが!
とっても苦労して頑張っていた、改装本&夫婦箱セット、大変だったので
前回仕上がり切らなかったものが、漸く完成☆彡渾身の力作です。

写真では色がわかりにくいのですが、表紙は薄いピンクのモアレ生地。
箱は薄いクリーム色なので、外見は優しげですが、中を開くと…


本は大人っぽいダークカラーの総柄。
中の箱は、夫と妻が色違い~♪
実は色々あっての結果ですが、結果オーライですね!素敵に出来ました。
箱の焦げ茶クロスもお持ち込みです。少し織が入っているので、扱い難度が
高めでしたね。

ずーっと前に気に入って買ったけど、使ってなかった秘蔵クロスだそう。
やっと陽の目を見ました!
複数種類のクロスを使って、まさにオリジナル感満載。
頑張ってきて良かったですね!ご家族やお友達に見せびらかしてね!

【本日の失敗】←注)生徒さんではありません。私の失敗!
今日、横浜校で「自宅で作ったもの」を持参して見せて下さった方がいたのに…

アドバイスだけして、写真撮らせて頂くの忘れた~~(T_T)
素敵なプリント生地で自力ドイツ装チャレンジされてました。

もしこの記事をご覧になったら(たぶんご覧頂いているハズ)、来月も是非!
ご持参下さいませ
今日お休みだったお二方にも見せてあげましょう!
(その方たちが好きそうな柄でしたしね)

来月からは「ザ・和本」な感じのシリーズです。
表紙の和紙と綴じ糸の色が選べるので、またそれぞれに個性ある作品が
出来上がると思います♪お楽しみに(^-^)

 

2018年の手帳を作ろう!ワークショップのご案内


2018年の手帳を自分で作るワークショップ、開催決定です☆彡

手帳は一年間使うものだから、お気に入りにしたい。できれば「自分だけ」の
オリジナルものにしたい…って思いますよね(^-^)
それなら、自分で作りましょう!!
探しても無いものは、そう、作ればよいのだ☆

…ということで、IID世田谷ものづくり学校にて、ワークショップ開催します。
詳細はIID世田谷ものづくり学校のサイトをご覧下さい。
お申込みも、サイト内で承ります。→コチラ

お好きな布をお持ちいただき、その布を使ってハードカバーに仕立てます。
サイズはB6サイズくらい。(縦186mm×横133mm×厚さ8mm程度)


中身は市販の手帳です。
1か月見開きブロックカレンダーと、フリーメモページもあります。

初歩的なテクニックですが、しっかり糸綴じですょ。麻糸で綴じます。
手製本はじめてさんも、手製本を体験するのにもぴったり。
2時間集中して作業後、「自分でつくった手帳」を手にした時、とっても
ハッピーな気分になれると思います!
手でつくる楽しさを、是非ご一緒に

お持ちいただくのは、「使いたい布」だけ。
それ以外のお道具・材料類などは全てこちらでご用意します。
お気軽にご参加下さいね。

ご参加、お待ちしております☆彡

まるみず組 月イチ集中クラス 10月


4月にスタートした月イチ基礎カリキュラムも、早くも半年経過。

いよいよ今月からは、製本用の専用大型道具もデビューして、
複数折の角背上製本+夫婦箱の制作に入りました!
しかも、本も箱も自分で選んで自分で裏打ちしたクロス!
見返し用紙も自分で選んで準備してきました。
材料調達も大事な勉強です。
こうして段々と、オリジナル制作のテクニックが身について行きます。
レッスンの様子は、まるみず組ブログをご覧下さいね(^^♪→コチラ

この秋冬は和本をマスター!

すっかり秋ですね。落ち着いて制作するにはベストシーズン到来☆彡
もうすぐヴォーグ学園10月期もスタートします。

2016年10月にスタートして以来、洋本シリーズの基本をやって来ましたが、
洋本と並んで是非ともマスターしておきたい!のが和本の基本。
和本…といえばコレ。ですよね(^-^)

パッと見た目にはわからないですが、色々とコツがありますよ。
そして……コレ以外にも実は様々なバリエーションがあるんです。

洋本と同じく、素材やちょっとしたアレンジで、バリエーションも
とっても豊富❤
10月期で取り上げるのは全部で7種類の和本。
レッスンで習った後、おうちでもアレンジが楽しめるようにするには…と、
ただいま最終の内容を絶賛準備中です。

東京校は10/22(日)、横浜校は10/23(月)スタート。
お申込みは、直前までOKです☆彡

この機会に、楽しい仲間と和本の基本をしっかりマスターしてみませんか?
お待ちしております(^^♪
詳細・お申込みは、以下のサイトをご覧下さいませ。
ヴォーグ学園東京校コチラ
ヴォーグ学園横浜校→コチラ

ヴォーグ学園、9月は見ごたえたっぷり♪+おまけつき

毎度事件勃発して賑やかなヴォーグ学園手製本講座。
9月は、立派な作品がてんこ盛り!見ごたえたっぷりにお伝えします!!

まずは、はじめてさんチーム。
今月は最後の課題「角背上製本」にチャレンジです。
前に自分で好きな布を裏打ちして製本に使えるようにしておいたものを
いよいよ本の形にしましたよ!全員綺麗に出来ました(^^♪
東京校1作品。

そして横浜校の3作品。

実は皆さん「全くのはじめて」ではなくて、何らか製本経験があったり、
他のクラフトのプロの方。だから飲み込み早くて、仕上がりも綺麗~
好みの布を使っているので、世界にたったひとつのオリジナルです。

続きまして、継続さんチーム。
波乱万丈を経て、立派な「夫婦箱入り・オリジナル表紙の文庫本」完成!
まずは東京校5作品。ずらーーーっ!



ずらっと並ぶと感慨深いですね!
どれも綺麗に出来ています。
箱を作るのは本当に苦労したと思いますが、苦労の甲斐あって、ぴたっと
収まる気持ちよいサイズ感
クロスは勿論、自分で裏打ちしたもの。
中箱部分は既製クロスですが、色の選び方にそれぞれのセンスが表れます。
お友達や家族に見せびらかしたい、お気に入りの一冊になりましたね。

最終回、せっかくなので個別に写真撮りましたよ~。

箱と本、全く違う柄行きですが、小花でまとめたガーリッシュな作品。
表紙の花の色を中箱のクロスに選んでいます。
それぞれに違う要素が色々入っているのに、統一感抜群ですね!素敵。

同じく赤系のクロスを使っていますが、ちょっぴりピンク
箱表紙は無地なのですが、内側背の部分に、本とお揃いの花柄を入れて、
華やかです。作業がとーーーっても丁寧で、実物を見ると完成度抜群。

なんと、コーラン!!!
エキゾチックな柄や色選びが個性的な生徒さんは、海外での生活経験豊富。
そういう「生き方」まで、本づくりに出ちゃうのね…としみじみ。
で、箱の表紙は手ぬぐい使用…という、グローバルな作風。

大好きな「星の王子さま」を念願のオリジナルに。
タイトルも、可愛いですね~。色も全体に「星の王子さま」のイメージに
ぴったりです。綺麗に出来て良かったですね(^-^)

どーーーーん!!と分厚い作品。迫力満点。
裏打ちしたクロス、足りるのか?とハラハラしつつ、ダイジョウブでした。
出来上がってみると、ポップな箱の柄をネイビークロスで引き締めて、
本はラブリーなイエロー…と、大人可愛い一冊に。
ご本人も可愛い方ですよ(笑)

横浜校は最終回まで波乱が続き…
本日完成は2作品。なのですが、これがまたぶっちぎりの完成度!
とくとご覧あれ。



箱と本は、同じクロスではありません。コンビネーションを考えつつ、少し
違う柄行きです。タイトルは、平ではなく背に入れています。
そして、写真ではわかりにくいかもしれませんが、なんと天金されています。
全体的に大人っぽいのですが、中箱部分には敢えて明るい色を使って大正解

箱を開けると…なんと上下巻セット!
ヴォーグ学園のレッスンでは1冊しか作っていませんから、下巻はご自宅で。
2冊入れるとなると箱も大きくなるのですが、綺麗に出来ました!
実はこの箱は、一度失敗して、でもご自宅にてリカバリーして持参。
作業量はレッスン課題の倍以上かかっていますが、その分愛蔵版が出来ました。
横浜校のお2人は、実は製本経験豊富なベテランさん。
でも、経験者といえども「時間」と「手間」をかけなければ作品は出来ません。
いつも丁寧な作業、研究熱心で、ご自宅での作業も厭わないから、皆さんの
お手本になるような作品が出来ました。(私にとってもお手本!)
手製本はコツコツ作業の積み重ね。でも、それを楽しいと思えるようになれば
こんな風に、素敵な世界が待っていますよ(^^♪

横浜校、継続さんチームにあとお2人いらっしゃるのですが、次クールも
継続されるので、焦らず仕上げることにしました。
来月お写真見せられる…かな?
乞うご期待。2作品とも、とっても素敵ですよ~!

さて、ここからはスペシャルおまけ!!
前回、横浜校では「アルバム未完成事件」が勃発。(私由来…涙涙)
その時の皆さまのエレガントな様子は前回のdiaryをご覧下さい→コチラ
そして、「練習がてらもう一冊作ってみるわ~」と仰っていた、皆さま。
ほんとに作っていらっしゃいました!!!(3人とも全員!!!)
今日は、元々のものも併せて、各自2冊ずつのアルバムをゲットです!
時間の関係で全ては完成はしていないのですが、こんな感じです。
1人2冊×3人=6冊がずらり。

おうちで作ったものも、ちゃーんと出来ています!素晴らしい。
せっかく覚えた技術も、やらなければすぐに忘れてしまうので、

こうしておうちでも作って下さると本当に嬉しいです☆彡

さらにオマケ♪

ヴォーグ学園レッスンの、本当に最初のはじめての時に作った折本。
レッスンでは中は無地でしたが、刺繍のミニ作品集にしたものを
持参してくれました。可愛い!!!!
少し立体感のある作品を貼るには中の台紙が不向きなので、ご自身は
反省しきりだったのですが、こんな風に他の特技がある方は、手製本の
スキルも身に付けると世界がうーんと広がりますね。

そして、もうひとつオマケ♪(今月、すごいでしょう?うふふ)


こちらは、継続チームの初回で作った、一折中綴じハードカバーノート。
こちらもレッスンでは中は無地でした。
表紙にオリジナルのイニシャルを入れ(これはレッスン内でエンボス)
ご自宅で、中の用紙にもマークと罫線を!消しゴムハンコだそうです。
とっても素敵な、スペシャルノートになりました。

レッスンでは、時間が限られているので、皆で同じ工程を練習しますが、
こんな風に後で「自分仕様」にアレンジしてくれたり、自分なりにもう一冊
作ってみたり…ということが出来ると、同じ本とは思えないくらい素敵に
なりますよね。
今回ご参加の皆さまが、それぞれの手製本ワールドを楽しんで下さっていて、
すごく嬉しいし、「私も素敵な本作りたいぞ~!」という気分になります。
皆さま、半年間ありがとうございました
限られた時間ゆえに、やたらと焦らせたり、一度切ってしまうと修正の
時間がないために、時には(いつも?)「わーー!ちょっと待った!」と
びっくりするような大声出したり、「お口ではなく、手を動かしましょー!」

なんて、キツイ言い方をしたこともありましたが、愛あればこそです。
お許し下さいませ…

ヴォーグ学園、10月からは心機一転、和本シリーズです。
秋冬はしっとり大人な雰囲気でレッスンしようと(今は)思っております。
糊の使い方など、洋本とは違う部分もありますし、「和」だけに留まらず
アレンジの世界は広いです。
またご一緒に楽しく頑張りましょう。

10月生は、まだ募集中❤→詳しくはコチラ
ご一緒に手製本で世界を広げてみませんか?お待ちしております(^-^)