ヴォーグ学園 2019年の手帳をつくる

ヴォーグ学園、11月は2019年の手帳を作りました。
手帳は一年間使うものだから、お気に入りの一冊にしたい。
そして出来れば誰ともかぶらない、自分だけのオリジナルが良い。
せっかく手製本をやっているなら、是非作りたいですよね!
それぞれ好きな布を表紙に使って、作りましたよ☆彡
本文は「一折中綴じ」という、手製本はじめてさん向けなので、
今期からスタートした生徒さんもバッチリ自力で完成しました。

東京校

実は1人だけ、規格外。一折り中綴じではない人がいます。
もう長くレッスンに通っている人なので、アレンジOKということで。

東京校では、「ピンチになった時には小人が現れて助けてくれる」
という伝説があります。
どうも変なことになったぞ…という時に、小人が来て、知らない間に
「あれ、何とかなってる」という状態にしてくれるらしいのです。
今回も小人が何回か出動したようです(笑)

横浜校

東京校も横浜校も、まだ出来立てホヤホヤなので、シーピーラップが
挟んであったり、ミゾに紐がかかっています。
糊が完全に乾くまではガバッと開かないように我慢我慢。
明日から使えますよ~(^^♪

【業務連絡:お忘れ物~】
東京校で、私のお道具箱に入っていました。
誰のですか~~ブルーの猫ちゃんシールつき。

次回レッスンに持っていきますね。
お道具はみんな同じようなものを持っているので、必ず名前か
目印をつけておいて下さいね!
そうすれば、こんな風に紛れてしまった時もすぐわかります!

来月は糊を使わずに、糸だけで綴じるノートを作ります。
図画工作みたいな表紙作りも楽しい「交差式製本」です。
お楽しみに