ヴォーグ学園 4月期スタート

うっかりアップが遅くなりましたが、4月~ヴォーグ学園の新学期☆彡
東京校・横浜校とも新入生も入って、継続メンバーも気分一新です。
ヴォーグ学園では、半年ごとに1クールで、実は私なりに毎クールの
テーマを決めています。
これまで、洋本基礎、和本基礎、改装(箱まで作って愛蔵版に)…と
色々やってきましたが、今クールのテーマは「糸綴じと箱」。

手製本には色々な手法があるのですが、私はやはり糸でかがるのが好き。
開きが良いし、丈夫だし、何よりも市販の本やノートで糸綴じのものが
少なくなっている時代、せっかく自分の手で作るなら、糸綴じ!と
いうのもあります。
そして私は箱づくりも大好き。
手間をかけて作った本、合わせてぴったりに作った箱に入れると、
愛着もひとしおですしね。

…ということで、初回4月は、糊を使わずに糸綴じだけでまとめる手法。
まずは基礎中の基礎「一折中綴じ」を練習してから、かがりで魅せる
背にデザインのある綴じ方を、なんと一気に3種類!
初回からいきなり4冊制作で、ちょっと皆さんハードだったかも…だけど、
「何冊も作って達成感…」と言ってくれたので良かった(笑)

出来たものは、こちら。まずは東京校。

そして横浜校。

背中の部分にかがり糸が見えるので、お好きな色の糸を選んで…
同じ表紙・綴じ方でも、糸を変えるだけでバリエーション豊富(^^♪
特別な材料は要らないので、おうちですぐに作ってみることが出来ます。
皆さんそれぞれに「私はコレ苦手かも…」と苦戦するものもありましたが、
初めての時はスイスイできなくても、何度かやっているうちに必ず
上手になるものです。
かくいう私も、未だに苦手な作業も幾つもあって、それでも一回重ねる
たびに少しは上手になったかな?二回やるともっと上手になったかも…
の繰り返し。この「じわじわ上手くなっていく」が手製本の醍醐味!!
やればやっただけ手慣れて行きますょ。

これから半年間、みんなで一緒に楽しく上達を目指しましょう~

さて。
次回5月は、この3冊のノートを入れる「ぴったりサイズの箱」を
作りますよ!
立体的なものを作るのは少し難しいところもあるけれど、箱とセットに
なるとますます可愛いので、頑張ろう~☆彡