ヴォーグ学園、1月は麻の葉綴じ

とーーーーっても寒い今週、ヴォーグ学園では爽やかな麻の葉綴じ。
3ヶ月にわたって和綴じのバリエーションをやってきた最終回です。
中綴じなどの基本は同じなので、3回目の今回はだいぶ手際が良くなって、
今までの自分史上最高の出来!とご満悦の面々(^^♪

では、出来上がった作品をどうぞ
まずは横浜校。

お1人欠席のため、4冊の麻の葉綴じズラリ。
これまで、四ツ目綴じ・亀甲綴じ…と来ましたが、麻の葉綴じは優雅で
素敵ですよね。無地や無地っぽい細かい柄に刺しても、かがりが映えて
素敵ですよ。是非おうちでもチャレンジして下さいね!

続いて東京校。

4冊…のはずなんですが、「先生のも入れて」と言われたので、サンプルまで
入っています(笑)→白っぽいのがサンプル。
無地っぽい表紙にすると、かがりは映えるのですが、穴あけやかがりが
目立ちやすいので、丁寧に作業するのが◎

東京校では、今までに作ったシリーズも持参していた人がいました。
和綴じ全部並べて記念撮影~♫

かがりも違うし表紙も違うのですが、糸だけは全部白。
もしかして最初から統一感を考えてたの???と聞いてみると、
「あっ、今気づいた!たまたまです!」だそうです(笑)
でも、きっとどこかスッキリした雰囲気がお好きなのでしょうね。
こうして自分の作ったものを並べて写真撮ってみると、
自分の好みの傾向がわかったりして面白い☆彡

少しずつ…でも、作品を作り重ねて行くと、自分の個性が見えてきます。
「個性豊かに」「自分らしく」「ありのままで」って、最近よく耳に
しますけれど、本来は「個性」って、わざと演出するものではなくて、
こうしていつの間にかにじみ出る、そういうもののように思います。
丁寧に作品づくりをしながら、自分の個性を見つけ出す…
それも手でつくることならでは…のお楽しみ。

来月はそれぞれお好きな布を持ち込んで、オリジナルの御朱印帳を
作りますよ~♫
皆さんがどんな布を持って来てくれるのか、当日までのお楽しみ!

風邪やインフルエンザが流行っていますので、皆さん気を付けて。