贈り物

少し時間がかかりましたが、10月頃から合間をぬって制作していたものが完成
したので、
先日クリスマスプレゼントとして母に渡しました。
作品社・日本の名随筆シリーズ『俳句』(金子兜太編)の改装本です。
※Galleryページに数カット掲載していますので、よろしければご覧ください。

手製本は、くるみ製本であっても、凝ろうと思えば幾らでも工程があります。
また、一工程が終わった後に、すぐには次の作業に入れないこともしばしば。
綺麗に仕上げるには、焦らず時間を置くことが必要な場面も多いのです。
だから色々な要素を盛ろうとすると、かなりの期間かかることもありますが、
「今日はここだけ」という風に合間に出来ることも多いので、
少しずつでも
作業を進めて行けば、いつかは出来上がります。

私はあまり器用ではないのだな、ということを毎回しみじみ実感しながら、
ああでもないこうでもない、実験→実行→やり直し→実験…を繰り返す。
この紆余曲折・寄り道・回り道・戻り道…のプロセスは自虐的楽しみ(笑)
時間はかかりますが、ひとつずつ出来ることが増えるのは嬉しいものです。
自分の制作では、実験的なことをモリモリにして苦しみながら楽しみます。


まもなく終わりを迎える2017年は、手製本レッスンの回数がぐんと増えた
年でした。
自分で作る時は失敗したらやり直せば良いし、「作りながら考える方式」が
当たり前なのですが、レッスンの時は
そうは行きません。
作るのは生徒さんなので、どう伝えたらわかりやすいのか、いつも悩みます。

「時間内に完成出来るようにするには」ということも大事な課題。
だから大抵の場合、レッスン用はサンプルを3回くらい作ります。
試行錯誤はサンプル段階である程度解決させておくためです。

それでも、レッスンは生モノ。毎回ライブだから何が起こるかわかりません。
実際やってみたら見当違い…
なんてことはしょっちゅうなのですが。

…というわけで、サンプルがどんどん増えます(笑)
時々、人にプレゼントしたりすると喜んでは貰えるのですが、本当は贈り物は
「この人にはどんな本が似合うかしら」と
考えるところからスタートしたい…
イメージに合わせて、デザイン・構造・素材…などなどを考えることもまた、
実験モリモリと並んで手製本の一番の楽しみですから。

冒頭で紹介した本は、初めからプレゼントのつもりで本文探しからスタート。
だから手製本のおいしいところ全部盛りです。
母が想像以上に喜んでくれたのは、期待していなかったデザートでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)