ヴォーグ学園、12月のタートルズ

早くも12月。一年早いですね。
ヴォーグ学園の講座はいつも第4週なのですが、12月は年末にかかるため、
いつもより少し早め。今月は先月に引き続き、和綴じシリーズで、亀甲綴じ。

まずは東京の亀さんたち。

そして横浜の亀さんたち。

お1人少し遅れて単独亀さん。

同じ柄の千代紙を使った人もいますが、表紙の千代紙や見返し、角ぎれ、
綴じ糸…と、選ぶものが色々あるので、それぞれのセンスの見せどころ☆彡

そういう様々なものを毎回「今日はどれにしようかな~」と選ぶのですが……
先月の四ツ目綴じがたった4つの穴だったのに対し、今回の亀甲綴じは12個!
つまり、それだけ沢山の穴を、測って・印つけて・穴あけ。
これが結構難関なのです。
「どこに印ついているのか自分でもわからない…」という声もちらほら。
素敵な柄でも、その中に紛れてしまって印がわからない…なんてこともあります。
無地の表紙にすれば印はわかりやすいのですが、今度はずれていることや綴じが
曖昧な部分は悪目立ちします(笑)一長一短ですね。
柄でも無地でも、「きちんと測って」「正確に穴をあけて」「きれいに綴じる」
それが出来さえすれば問題ないんですが。でもこれが実はとっても難しい★
和綴じはシンプルなだけに、そういうところの作業の「質」が問われます!
次回は、和綴じシリーズの最終章。麻の葉綴じ(&康煕綴じ)です。
途中までは復習作業ですので、しっかり復習しておきましょう!!

段々欲が出て来たのか、自宅制作を持って来て下さる方も…
まずは東京校。

10月期の初回に作った判取帳。可愛い表紙をつけてオリジナルに。
裏もありますよ♪

中に少し書き込みがありました。
手製本以外にもお稽古をしている生徒さんなので、先生に教えて頂く時、
このメモ帳をさっと出して、そこに図解して頂いたんですって。
さすが手作りラバーズ、市販のメモ帳より素敵ですね!

前回の四ツ目綴じの後、ご自宅でチャレンジした方も。

あら素敵☆彡
実は、以前自分で作れるかな…と思って、まるみず組でキットを購入!
ところが、いざ自宅でやってみようと思うと、難しく感じてしまい、
キットはそのままに…
先月のレッスン後、すぐに!忘れないうちに!!と思って復習して下さった
とのこと。これは三つ目綴じですが、基本は一緒ですものね。
そう、レッスンの時は「できた~」「これでバッチリ~」と思っていても、
自分だけで作れるか…というと、案外「あれ?」「あれれ?」ということが
色々あるんですよね。だから復習は大事大事。

横浜校でも、自宅制作者現る。


これは大福帳のアレンジ。表紙はパープル、中身は綺麗なグリーン。
自宅でテキスト見ながら作ってみたら…ちゃんと出来ています。
しかもキレイ!手製本講座3クール目なので、作業もぐんぐん慣れてきました。

そして!!!!
前クールから取り組んでいた文庫本&夫婦箱、漸く最後のお1人も完成~!
箱を閉じた状態から、連続4枚、どうぞご覧あれ。じゃじゃじゃーん☆彡




そうなんです、選んだ本は『クリスマスキャロル』☆彡
だからどうしても今回までに完成させたかった~(笑)
台風の影響で予定が変わったり、いろいろありましたが、無事完成。
箱と本の表紙は自分で選んだ布を自分で裏打ち。
見返しはクリスマス柄。見返しも自分で選んだもの。
たくさんのこだわりと「好き」という気持ちが詰め込まれています。

何もかも自分好みだから、大好きな本がとびきりのお気に入りに
こういうことが出来ちゃうのが、手製本の醍醐味ですね(^-^)
時間はかかったけど、ご自分への素敵なクリスマスプレゼントになりました。
(むしろグッドタイミング…でしたよね!笑)

12月が早め日程だった分、次回1月のレッスンまでは少し間が空きます。
今日皆さんに「年末年始、もしお時間あったら、自由制作しましょう~!
次回のレッスンで見せて頂けるの楽しみにしてまーす!」と言ったら、
「てへ☆彡」って感じでしたけど(笑)
まあ年末年始は皆さん忙しいですからね!忙しくても体調崩さず、年明けも
元気に集まれれば十分です!よいお年を!!

(…と言いつつ、密かに期待してます☆彡)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)