ヴォーグ学園 5月のレッスン

急に夏のような陽気!
手製本は荷物も多いし、紙ものが多いので、レッスン当日お天気なのは助かります。
軽装でちゃきちゃき動けるのも良いですね。結構動きがあるんですよね、手製本。
さて、今月のレッスンは、はじめてさんチームは「可愛いサイズの折本」です。
ミニサイズなれど、小さなサイズの紙をつなげて綺麗な折本にするテクニックのほか、
表紙をクロスでくるんだり、エンボスをつくる等々、今後の制作に役立つ技術が
てんこ盛り!しっかりマスターしたいところです。

ヴォーグ学園のレッスンは毎月第4週、日曜が東京校、月曜が横浜校。
大抵は東京校が先なのですが、今月はカレンダーの関係で横浜校が先でした。
横浜校、はじめてさんチームの折本はこちら!


れも可愛い~!!すてきに出来ました!!
小さなサイズの紙をつなげて折本にする時、糊をつける場所を間違えると、
あれれれ????折本になって…ないよね???…という事件も起こります。
今回、起こりました(笑)
でもダイジョウブ。失敗したら、「どうしてこうなっちゃったのかな?」と
きちんと理由を考えて、そこに気を付けながらやり直せばよいのです。
今回も、そうやって「どうしてかな?」と考えてから再度チャレンジ。
無事に3人とも、きちんと折本が出来ました。
表紙のエンボスもとってもきれい。はめ込んだ素材が映えますね(^-^)
このテクニックは、タイトルをつける時などに使いますので、忘れずに
覚えておいて下さいね!

東京校は、ちょっとアクシデントがあり、今回ははじめてさんの作品をお見せ
出来ないのですが…継続さんたちが前回の一折中綴じハードカバーを自主的に
持参してくれたので、その撮影会。
前回レッスン後にも撮影しているのですが、いつも作業終了してすぐなので、
実はまだ未完成なのです。製本は、最後にプレスして、糊が完全に乾いてから
はじめて本として完成するので、その後きちんと出来ているか検証できると
ベター。皆さんには「来月完成本を持って来てね~」と言っていて、それを
忘れず持参して下さった…というわけです。
それでは、Before→Afterをご覧下さい!
 
エンボスの中が裸だった人も、ちゃんとはめ込みされています!
1人忘れちゃった~という人がいたので、4冊。
……ん??なんか親子みたいなのがありますよ??(笑)
これ、大きい方は3月に作った角背上製本。小さい方は4月に作った一折中綴じ。
角背は自分で裏打ちしたクロスを使ったのですが、そのあまりを活用です!
自分で作るとこんなことも出来ますね!
ご自分の好きなものや好きな色で作品を統一するのも素敵です♪

素材選びや色使い等には、それぞれ作った人の個性がにじみます。
無理して個性的に!と意識しなくても、好きなものを選んでいると自然に
個性って表れるんだなーといつも思います。
これからも、自分らしい本を作りましょう!

今月から、継続さんチームは改装本に入りました。
今月はまだ本文作業なので写真撮影会…までは行っていませんが、今回からは
見返し用紙も自分で選んで用意してきたものを使っています。
それに、花ギレやしおり紐を「どれにしよう~」「迷う~」と楽しそうに
選んでいました。
自分のものは迷うくせに、「あなたはコレが良いんじゃない?」なんて、人の
ものにはハッキリアドバイスしちゃったりして(笑)
半年過ぎて、継続さんチームは東京校・横浜校ともにチームワークよく
仲良くやっています。
はじめてさんチームも、きっとすぐに手製本お仲間として馴染むことでしょう!

来月は、はじめてさん・継続さんともに、みんなで裏打ち大会です!
好みのクロスでお気に入りの一冊を作りましょう。
皆さん、布地をお忘れなく(^-^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)