ヴォーグ学園 5月のレッスン

急に夏のような陽気!
手製本は荷物も多いし、紙ものが多いので、レッスン当日お天気なのは助かります。
軽装でちゃきちゃき動けるのも良いですね。結構動きがあるんですよね、手製本。
さて、今月のレッスンは、はじめてさんチームは「可愛いサイズの折本」です。
ミニサイズなれど、小さなサイズの紙をつなげて綺麗な折本にするテクニックのほか、
表紙をクロスでくるんだり、エンボスをつくる等々、今後の制作に役立つ技術が
てんこ盛り!しっかりマスターしたいところです。

ヴォーグ学園のレッスンは毎月第4週、日曜が東京校、月曜が横浜校。
大抵は東京校が先なのですが、今月はカレンダーの関係で横浜校が先でした。
横浜校、はじめてさんチームの折本はこちら!


れも可愛い~!!すてきに出来ました!!
小さなサイズの紙をつなげて折本にする時、糊をつける場所を間違えると、
あれれれ????折本になって…ないよね???…という事件も起こります。
今回、起こりました(笑)
でもダイジョウブ。失敗したら、「どうしてこうなっちゃったのかな?」と
きちんと理由を考えて、そこに気を付けながらやり直せばよいのです。
今回も、そうやって「どうしてかな?」と考えてから再度チャレンジ。
無事に3人とも、きちんと折本が出来ました。
表紙のエンボスもとってもきれい。はめ込んだ素材が映えますね(^-^)
このテクニックは、タイトルをつける時などに使いますので、忘れずに
覚えておいて下さいね!

東京校は、ちょっとアクシデントがあり、今回ははじめてさんの作品をお見せ
出来ないのですが…継続さんたちが前回の一折中綴じハードカバーを自主的に
持参してくれたので、その撮影会。
前回レッスン後にも撮影しているのですが、いつも作業終了してすぐなので、
実はまだ未完成なのです。製本は、最後にプレスして、糊が完全に乾いてから
はじめて本として完成するので、その後きちんと出来ているか検証できると
ベター。皆さんには「来月完成本を持って来てね~」と言っていて、それを
忘れず持参して下さった…というわけです。
それでは、Before→Afterをご覧下さい!
 
エンボスの中が裸だった人も、ちゃんとはめ込みされています!
1人忘れちゃった~という人がいたので、4冊。
……ん??なんか親子みたいなのがありますよ??(笑)
これ、大きい方は3月に作った角背上製本。小さい方は4月に作った一折中綴じ。
角背は自分で裏打ちしたクロスを使ったのですが、そのあまりを活用です!
自分で作るとこんなことも出来ますね!
ご自分の好きなものや好きな色で作品を統一するのも素敵です♪

素材選びや色使い等には、それぞれ作った人の個性がにじみます。
無理して個性的に!と意識しなくても、好きなものを選んでいると自然に
個性って表れるんだなーといつも思います。
これからも、自分らしい本を作りましょう!

今月から、継続さんチームは改装本に入りました。
今月はまだ本文作業なので写真撮影会…までは行っていませんが、今回からは
見返し用紙も自分で選んで用意してきたものを使っています。
それに、花ギレやしおり紐を「どれにしよう~」「迷う~」と楽しそうに
選んでいました。
自分のものは迷うくせに、「あなたはコレが良いんじゃない?」なんて、人の
ものにはハッキリアドバイスしちゃったりして(笑)
半年過ぎて、継続さんチームは東京校・横浜校ともにチームワークよく
仲良くやっています。
はじめてさんチームも、きっとすぐに手製本お仲間として馴染むことでしょう!

来月は、はじめてさん・継続さんともに、みんなで裏打ち大会です!
好みのクロスでお気に入りの一冊を作りましょう。
皆さん、布地をお忘れなく(^-^)

 

シルクスクリーン+製本レッスン 5回目!

まるみず組で不定期に開催している、シルクスクリーン+製本レッスン。
本日は5回目の開催です。
このレッスンでは、毎回ご自身で用意した図案を持参して頂くので、当日まで
私もどんな図案が集まるのか知りません!
毎回それぞれ個性豊かな図案を持参してくれるので、私もワクワクドキドキ。
今朝も「どんなものが集まるのかな~」と、楽しみにしつつ工房へ!

そして今回の図案たち。
完成したものはこちら!ズラーっと並べて記念撮影♪ 毎度恒例(^-^)

今回は全員女性、可愛らしい図案が並びました!

午前中までで、自分で用意した図案を製版して、3種類の土台にプリントする
ところまでやります。紙、布、製本クロス。
製本クロスにプリントするのは、勿論そのあとで本にするため。
ここが手製本工房ならでは…ですね!
自分で好きな布を選んで裏打ち、自分でマーブル紙作り…という、自分好みの
素材を用意するレッスンは、基礎カリキュラムの中でもとりわけワクワクする
内容です。
ペーストペーパー作りやシルクスクリーンも、同様に「自分好みの素材」を
用意できるお楽しみレッスン。
いずれも基礎カリキュラムにはありませんが、テクニカルレッスンとして
不定期で開催しています。
できるようになると制作の幅もぐんと広がりますよね!

「プリントしたら、自分だけのオリジナルアイテムが即作れるぞ!」と思うと
作業にも気合が入ります。

昨夜頑張って考えたという、刺繍のような図案。可愛いものが出来そう♪
ドイツ語の書き文字も入っていますよ!すごい!
「なんて言う意味?」と聞いたら「花ざかり」(私の記憶、合ってるかしら?)
…なるほど!お花の図案ですものねっ!


描いた図案が抜けて、いよいよ製版される瞬間!
きれいに抜けて来ましたよ、ペンギン登場。


変なところにピンホールが開いていないか、確認確認。
蛍光灯に照らして小さな穴だって見逃さないぞ!
私も見逃さないぞ!とお向かいでも天を仰いでいます。
毎度恒例、みんなで天を仰ぐタイム。

3種類の土台にプリントしたら、漸くランチタイムで一息。
ランチの間にプリントを乾かすため、このレッスンではランチの時間が少し
遅めです。だから毎回「朝ごはんをきちんと食べてきてね」とお願いしています。

午後は、乾いたプリントの確認。
ちょっと失敗したかな…?というものも、リカバリできるのでダイジョウブ(^-^)
そして製本タイム。今回は全員基礎カリキュラム卒業済みの方ばかりだったので、
ここから先はお手の物!!!(のはず)


手早い。さすが。慣れてる!

今回も、ハードカバーノート、トートバッグ、ソフトカバーノートの3種類、
全員無事に完成~パチパチ☆彡
全部可愛いので、全作品アップでどうぞ。

ドイツ語書き文字入り。(意味:花ざかり)
刺繍風の図案に、ハードカバーノートのナチュラルなクロスが雰囲気ぴったり。
ラブリーな仕上がりになりました。

ペンギンちゃん。水色が大好きな方。ちこっとサイン入り♪
ふっくらお腹、可愛いですね~
目はちょっと鋭いとこがポイント!細かい部分もきれいにプリントできました。

こちらはフランス語入り!グローバルです!!(意味:私の猫ちゃん♥)
そう、可愛いご自宅の猫ちゃんがモデルさんです。
「図案で描いていた時以上に、プリントした方が可愛くなった!」と
ご本人。そうなんです、プリントすると可愛さ倍増。

シンプルに「A」。ご本人のイニシャルでもないのに何故A?と聞いてみると…
「Aは全てのはじまりだから」……素晴らしい!深い!!
ちょこっとついている鳥さんはアクセントです。
シンプルなだけに、手書きの風合いが個性を出していて素敵ですね。
クロスは猫ちゃんと同じ花柄ですが、図案が違うと印象が随分変わります。
こちらは大人っぽいですね!

シルクスクリーン+製本レッスンは、10:00~16:30の長丁場なのですが、
毎回あっという間。全くはじめて…という方も、ちゃんと出来上がります♪
次回は6/8(木)に開催、まだ残席ありますよ~
自分だけのオリジナルアイテム作ってみたい方、お待ちしております(^-^)
くわしくはこちらをご覧くださいね。

今回も、楽しかった~~(私が一番楽しんでるかも!)
ご参加頂いた皆さま、お疲れさまでした&ありがとうございました。

 

まるみず組 月イチ集中クラス、2回目終了!


るみず組の月イチ集中カリキュラム、2回目の今日は、一折中綴じ&裏打ち4枚!
本日も「はじめてづくし」に取り組みました。
お隣では、上級生たちが何やら素敵なものを高度なテクニックを駆使して制作中。
ちょっと気になるけれど……新入生たちは目の前のことで一杯一杯です。
頑張った様子は、まるみず組のブログ(→こちら)をどうぞご覧下さい!

まるみず組のコンクール

またこの季節がやってきました。
私の所属している手製本工房まるみず組では、毎年レッスン生全員参加の
コンクールがあります。
今年入ったばかりの基礎生も全員参加!(それが卒業の条件でもあるのです)
私もまだ入ったばかりの頃、「えーーまだ少ししか習っていないのに~」と
焦ったものです。
私が一年生の時に出したコンクール作品。




だ「一折中綴じ」と「和綴じ(四ツ目綴じなど)」くらいしか習っていなかったので、
自分なりに和綴じを工夫して、洋風にアレンジした作品でした。
本文の森のシルエットは、旅行に行った時に自分で撮った写真を加工したもの。
今見ると拙い部分も多いけど、新入生にしては頑張った!(自画自賛です☆彡)

今年の新入生の皆さんも、是非頑張ってオリジナルの作品を発表して下さいね!

このコンクール、まるみず組レッスン生ではなくても、どなたでも自由に見学が
できます。コンクール期間中、工房は解放されていて、土日には誰でも参加できる
無料レクチャーもあるんです!
くわしくは、こちら
色々な製本を見たい方、「まるみず組ってどんなことやってるの?」という方、
是非遊びにいらして下さいね~!
毎年たくさんの作品がずらーっと並び、殆どの作品は手に取って見られます。
手間暇かかった力作、面白いもの、可愛いもの、見応え十分。
何年も工房に通っていると「これきっと○○さんかな?」と予想できることも。
手製本って、”その人らしさ”がにじみ出るんですよね。私も楽しみ!!

…けど、その前に。
私もコンクール作品を作らなくてはならないのでした!
新入生じゃなくても焦るのは同じですね(^-^;)