ヴォーグ学園4月期講座スタート!

すっかり春ですね~
いつの間にかコート要らずの季節になっていました。
先週のまるみず組基礎コースに続き、ヴォーグ学園の講座も新学期スタートです。
東京校・横浜校ともに、フレッシュな新入生もメンバーに加わりました。

まずは継続メンバーの皆さん。
今期はいよいよ「中身のある本」にチャレンジします。
今までの「中身は白いノート」に比べると、同じ技術を使っていても、本文の
上下を気にしたり、ちょこちょこと注意しなくてはならないポイントが出て来ます。
でも、一カ月に一度のクラスだと、どうしても前にやったはずのことを忘れがち。
ということで、初回は今までの復習も兼ねて、なおかつ「自分だけでも作れる」を
目指して、ハードカバーの小品を作ってみました。

こちらは東京校の継続メンバーの作品たち。
一折り中綴じの本文、ハードカバーの角背、表紙にはエンボスではめこみ。
全部今までに経験したテクニックばかりの…はず……ですが………?????
そうなんです、いざ「自分だけでやってみよう!」と思うと「あれれ?ここは
どうするんだっけ?」「この次なにやるんだっけ??」等々、思いのほか混乱。
お互いに確認しあったり、「先生~~(汗汗)」という声も頻繁です(^-^;)
「アッ!あの工程飛ばしちゃった!」「ひえー、まっすぐに切るの難しい~~」
自分だけで自由自在に本を作れるようになるまでは、結構大変な道のりデスネ。
一度やったことのあるテクニックでも、きちんと確認しながら、が大事です。
すこーしずつ…でも、必ず前より上達してますから、頑張ろう~!

四苦八苦しつつ、なんとかかんとか、記念撮影までこぎつけました!チカラ技??
そして、作業終了すると、自主的に記念撮影用に作品を並べるメンバー達(笑)
さすが、ここは慣れてる!!
製本は、ひとまず完成後に糊が乾くまでプレス、という工程があるので、本当の
完成までワックスペーパーは挟んだまま持ち帰ります。
なので、記念撮影はいつも途中段階のような姿になるのですが、これまでに
何度もこれを経験しているので、今回は「前回の作品、おうちでプレスして
完成した状態」を自主的に持ってきてくれていた人も数人いました。
そこで、完成後のリカバリなども皆で確認。最後の最後までしっかり手をかけて
あげれば、作品の完成度はぐぐっとアップしますので、ひと手間を惜しまずに(^^♪
また来月も、「おうちでプレス後」の作品、お持ちになって下さいね!

そしてフレッシャーズ。
初回は紙や材料・道具の基本的な知識を確認後、一折中綴じで早速糸綴じに挑戦。
こちらは東京校・横浜校とも、「基本に忠実」段階なので滞りなく完成~~♪

左、東京校・唯一の新入生!
継続メンバーに囲まれて1人だけ別メニューを黙々とこなしました。
パッと見わかりにくいのですが、綴じ方が違う2冊。背中にアクセントが出来るんです。
初歩的なテクニックですが、サイズや表紙・糸などを変えるだけでもバリエーションが
無限に広がりますので、是非おうちでも色々作ってみてくださいね!
右、横浜校は3人の新入生。
それぞれ表紙や糸をお好きな色で作ったので、既に個性が♪
出来上がった自作のノートを手に「可愛い~~(^0^)」と思わず自画自賛(笑)

次回はお持ち込みの素材もあるので、これからどんどん三者三様の作品が見られるはず。
毎回「可愛い~!」って言っちゃうかも。楽しみですね!

横浜校の継続メンバーは、はめ込み素材をおうちで貼って来る人、最後の仕上げを
自宅で…という人もいたので、記念撮影は次回に持ち越し。次回の報告をお楽しみに。
力作が揃う予定~~☆彡

来月は、フレッシャーズも持ち込み素材があり、早速「自分好み」の一冊を作ります。
継続メンバーズは宿題てんこ盛り!色々なものを「自分で探して」持ち込むので、
それぞれがどんな素材を持ち込むのか?乞うご期待です。
忘れ物のないように、プリントをしっかり確認して下さいね。

見返し用紙を選ぶときは、紙の目、間違えないで下さいね~!!!(←ココ大事☆)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)