ヴォーグ学園・今月はバインダー

ヴォーグ学園の手製本講座。
今月と来月は、いよいよ自分で裏打ちした好きな布で作品を作ります!
昨年10月にスタートしてから、製本経験者もまったくのはじめてさんも、皆で
机を並べて作品づくりをしながら、紙の目の確認、寸法の測り方、糊の扱い方、
表紙のくるみ方等々…少しずつ慣れてきました。

「好きな布でつくる」第一弾は、バインダー。
本の表紙部分だけみたいなものですから、本文からかがる作品よりもずっと
作業工程は少ないのですが、きれいに仕上げるために随所にコツがあります。
間違えやすい箇所もあるので、注意しながら進めます。

そして出来上がったのがこちら。まずは東京校。

いつも終了後に写真撮影をするのですが、その撮影も回を重ねてきたので
「ちょっと光が…」「こちら側から撮った方が良いんじゃない?」等、皆さん
撮影にも拘りが表れ始め…カメラマンのようになってました(笑)
自分で選んで裏打ちも頑張ったクロスだから、まさに「自分だけのオリジナル」!
完成の嬉しさもひとしおです。
それぞれクロス選びに個性もあって、こうして写真で見ていても「あの人らしい」
と思えるものばかり。お友達にも自慢して下さい!

そして横浜校。

こちらも、個性あふれるそれぞれのバインダーが完成~♪
中には「あれ?いつもと雰囲気違うよね?」という人もいて、聞いてみると、
「たまにはちょっと違う感じにしてみようかなと思って」とのこと。
確かに、自分の好きなものって決まってきてしまうから、たまに意識的に
雰囲気変えてみるのも良いですよね!

手製本初心者にとっては、大きな柄や方向性のある柄、ストライプやチェック…
きれいに作るのが難しい柄物もあるのですが、今回はそんな難題に「敢えて」
チャレンジ!という冒険者が、東京・横浜ともにいました。
そんな冒険者たちも、無事にイメージ通りの柄出しが出来ました。
一応「これ難しいと思うよ?」と確認はしましたが、一番大事なのは、自分が
作りたいという気持ち。頑張って素敵にできて良かったですね(^^♪

横浜校では、こんなことも…

あれれ???もう中身が入ってる!!
(しかも何てことないような、おすまし顔で…)
金具取り付けのための打ち具は1つだけだったので、順番に作業したのですが、
最後の人と一緒に作業して、終わってふとテーブルを見ると、早めに作業を
終えた人のバインダーに既に中身が入ってました!準備良いデスネ(笑)
今回作ったのはバイブルサイズ。市販のシステム手帳のリフィルが使えます。
「手帳は4月スタート派」という人は、早速使えますね!

少しずつ、お家でも作ってみたい、作ってみよう、作ってみた!という人が
出てきました。そう、どんどん作りましょう!
上達のためには、手を動かすのが一番の早道ですものね。
そして作ったら、是非レッスンに持ってきて、私や皆さんに見せて下さいね!
「本を見て作ってみたけど、ここがうまくいかない」等ありましたら、一緒に
対策を考えましょう。

今日も横浜校で素敵な作品を持ってきて見せて下さった方がいました。
ご本人の許可が出たので、作品お見せします♪

素晴らしい完成度!いずれも手のひらサイズ。ケース付だとやはり違いますね!
実はこの生徒さんは製本経験者なので、はじめてさんではなかなかこうは行きませんが、
誰でも経験を重ねれば、こうしてご自分のオリジナルが作れるようになりますよ(^-^)

そしてこちらも…同じ方。一カ月の間にたくさん作って来られました。

こちらは、まるみず組で私の先輩、ヨンネ先生の本を見て作ったそう。
早速ヨンネ先生にも写真を見せたところ、きれいに作ってくれてる!!と
すごく喜んでましたよ(^^♪

来月は、最後のレッスン。
自分で選んで、自分で裏打ちしたクロスを使って、角背上製本を作ります!

3月の1day Lesson、まだまだお申込み受付中です♪
ちょっとやってみたくなってしまった方、是非いらして下さい。→こちら

2 thoughts on “ヴォーグ学園・今月はバインダー

  1. 昨日はお世話になりました。自己流で本づくりをしていたので、毎回、新鮮な刺激があって楽しんでいます。
    不出来な作品ですが、どうぞお使いください。

    • コメントありがとうございます(^-^)
      既に自力で制作できるゆみこさんにとっては、はじめてさん向けの講座は物足りないのでは?と思うのですが、いつも新作持参して頂き、ありがとうございます!皆さんの刺激になっていると思います。
      また来月ももう一枚のクロスで素敵な作品作りましょう~♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)